« メン・イン・ブラック | トップページ | タイム・マシン »

少林サッカー

――オジサンだってまだまだやればできるじゃないか!

面白いですよ、と言われて見たが、確かに面白い!!
サッカーでもない、カンフーでもない、でも不思議と元気が出る。
昔のMr.Booさながらの香港のドタバタ・コメディーは健在である。懐かしい。

落ちぶれたファンと情熱のかたまりのシンとの出会いは、「あしたのジョー」の段平とジョーの出会いそのまま。
目が赤々と燃えるのは、もちろん「巨人の星」そのまま。
ボールを蹴る瞬間がストップモーションになり、ボールだって、燃えながら飛んでいく。「赤き血のイレブン」か。
スポ根マンガそのままが、オジサンを大いにくすぐる。
全くサッカーらしくない。キックオフでいきなり一発でゴーーーール!
必殺技のオンパレードに、少々やり過ぎじゃない?

チャウ・シンチーは、「刑事物語」の武田鉄矢みたいに癖のある情熱的なオジサン。
カンフーも独学だそうだが、そのテンションの高さを最後まで引っ張る。お見事!
今の日本では、こんなパワフルな映画はとても作れないのかも。

人生半分過ぎて、オレの人生ってこんなもんかな、ってあきらめているオジサンには、飛び切りの気合い注入剤である。会社で怒られ、客にも怒鳴られ、家でも邪魔者にされるイレブンたちも、突然その昔少林寺で学んだ力と技が蘇って来る! 「みんな帰ってきた!」 あのシーンと静まり返った瞬間がたまらなく好きだな。
オジサンだってまだまだやればできるじゃないか!

最近何となく芸術作品になってしまった中国カンフー映画への挑戦状とも思えるし、
最近何となく元気の無い香港に対する「カンフー」ル剤にもなっているんじゃないかな。

[蛇足]
「黄金の右」ファン、「鋼鉄の脚」シンとかいう通り名は、水滸伝の「九紋龍」史進とか以来の伝統なんだろうね。
日本だって、「緋牡丹」お竜って言うじゃない。

カンフーの達人の女の子が、両手を陰陽の形に回してマントウをこねるシーンは白眉。
この映画を見た人は、チャウ・シンチーの前前作「食神」も見るべし。
「カンフーハッスル」では、どうパワーアップするか、楽しみ。でもこの楽しみ、少し取っておこう。

監督・脚本:チャウ・シンチー
出演:チャウ・シンチー、ン・マンタ、ヴィッキー・チャオ
(2001年・香港)

|

« メン・イン・ブラック | トップページ | タイム・マシン »

3)中国・アジア映画」カテゴリの記事

a)青春・恋愛・人情」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70868/2367114

この記事へのトラックバック一覧です: 少林サッカー:

» 『少林サッカー』 [ハイブリッド・ブログ]
ブログを開設してからしばらくレビュー書こうかどうか迷ってたが、やっぱり書くことにした。 開設前から「香港映画批評的なのをやろっかなー」みたいな漠然とし... [続きを読む]

受信: 2005.03.25 01:47

» 少林サッカー [シアフレ.blog]
圧倒的な威力を持つシンの“鋼鉄の脚”を中心として、チームのそれぞれが様々な得意技を生かした超人的なプレイの数々でぐんぐん勝ち進んでいく姿は爽快で、「魅せるギャグ」に徹した映像とアクションが楽しめます。 奇想天外極まる設定ですが、終始ギャグに満ちたオーバー... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 20:16

« メン・イン・ブラック | トップページ | タイム・マシン »