« 戦国自衛隊 | トップページ | ダーク・エンジェル »

タイタニック

――残された者の務めを果たした彼女の充実した人生。

「金持ち=嫌な奴、一般人=言い奴」みたいな図式には少々うんざりするが、当時の時代では仕方ないのかな。
パニック映画は人間の意地悪さや弱さが如実に出てしまうが、ここでは一等室の乗客と、そうでない乗客の扱いの差が露骨に出ていた。
それでも、パニックの最中でも任務に忠実だった船員、設計技師、そして演奏隊の人たちを見ていて文字通り、救われる思いだった。
「みんな僕らの演奏なんか聞いちゃいませんよ」「いつものディナーの時だって同じだよ」―洒落た台詞だ。
いよいよ沈没となり、一度演奏を止めて船に乗りに行こうとするが、また戻ってやり始めた時は涙が出た。本当に敬意を表したい。唯一、船長は、ただ呆然としているだけで何もしないのは許せない!
でもここまでは、かつて作られた多くのタイタニック物にほぼ共通の描写。

キャメロン監督のオリジナルは、一人の女性の生き方をメインに据えたところ。
上流階級の娘ローズは、親の決めた結婚、レールに敷かれた生き方に絶望し、自ら命を絶とうとした。あのまま海に飛び込んだとしたら、(残念なことに?)歴史的な大事故を知らずに海の藻屑と消えていただろう。

ジャックとの出会いは、彼女の人生観を変えたし、短い間だったが彼女のその後の人生を方向づけたと言って良い。沈んでいく彼を見送り、凍えた身体で必死に力を振り絞り、助けを呼ぶあの笛の音は、感動モノ。
その献身的な「愛」のおかげで、ローズは一度捨てた人生をやり直し、充実したものにできたのだ。
彼女の生き方は、飾ってある写真に描かれている。乗馬をしたり、飛行機に乗ったり、・・・

ジャックは正に白馬の王子様だった。でも何であそこまで献身的になれるのか? 正直なところ、あの娘のどこがいいのか、よくわからなかった。
彼だって、憧れのアメリカに渡って、画家で名を成す夢があったはずなのに・・・かわいそうだ!
誰もがジャックのように、男がみんな、あんなふうに献身的になれる訳ではない。デートでこの映画を見ていたら、その後のディナーの会話はきっと気まずくなってしまうに違いない。電影道士は、幸い一人でビデオ鑑賞だったので、そんな心配はしないで済んだ。
しかし、映画館で見るべきスケールの作品だったナ。残念。

同じキャメロン監督『ターミネーター』の、サラ・コナーを守る未来兵士も、ジャックみたいに献身的だった。彼は伝説の母サラ・コナーに憧れて任務に志願したのだ。こちらの方はまだ説得力がある。彼女も、彼との出会いで人生観が変わり、ドジな学生から強い女性に変わって行く、審判の日に向けて。

2つの映画はよく似ている。でもこのヒロインたちって守られっぱなしで、全然魅力がない。
もっと強いヒロインを! ということで次の作品が『ダーク・エンジェル』になったのも、うなずける。

[蛇足]
♪私ローズ、タイタニックの甲板から飛び込むところ、
  あのジャックに助けてもらったの。
♪私絶対、彼の分まで生きるんだって・・・・・言うじゃない!
♪でもあんたがそんなに長生きするなんて、
  ジャックも思っていませんでしたから。残念!
♪元はと言えばあんたたちが、いちゃついて、
  見張りがよそ見してたからでしょ、切り~!

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット
(1997・アメリカ)

|

« 戦国自衛隊 | トップページ | ダーク・エンジェル »

2)洋画」カテゴリの記事

a)青春・恋愛・人情」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ジャックは何であそこまで献身的になれるのか?
乗りかかった船だからでしょう、きっと。

投稿: 通りすがりの者 | 2005.05.13 01:08

通りすがりの者さん、コメントありがとうございます。
なるほど、よくわかりました!
また、ぜひお立ち寄りください (・・)/

投稿: 電影道士 | 2005.05.14 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70868/2868684

この記事へのトラックバック一覧です: タイタニック:

» タイタニック ~My Collection~ [利用価値のない日々の雑学]
ディカプリオ作品が続いているが、単なる偶然である。マイコレで、中々(タ行)~(ワ行)の作品が先に進まないのでというのが理由である。「タイタニック」という作品に関... [続きを読む]

受信: 2005.03.31 22:26

» タイタニック [LEONARDO DiCAPRIO]
製作総指揮: レイ・サンキーニ 製作・監督・脚本・編集: ジェイムズ・キャメロン 製作: ジョン・ランドー 撮影: ラッセル・カーペンター 美術... [続きを読む]

受信: 2005.04.02 12:49

» タイタニック [MillionTIMESブログ]
 「恋の痛みを知る、全ての人へ。」と打たれた映画エターナル・サンシャインを見るも、あまり感激出来なかった。おかしい、これは最近恋愛していないことが原因か。と言うことで、恋愛映画の定番、タイタニックを見ることにした。ちなみに、ケイト・ウィンス... [続きを読む]

受信: 2005.04.25 18:14

» My birthday [恋する惑星]
                                           ... [続きを読む]

受信: 2005.05.18 20:23

» タイタニック [映画シネマ]
これぞまさに究極仕様ですね。特典映像はげっぷが出るほど長大な約14時間。まあそれ [続きを読む]

受信: 2005.12.23 15:43

» タイタニック [WILD ROAD]
『タイタニック』 1997年アメリカ(189分) 監督:ジェームズ・キャメロン 脚本:ジェームズ・キャメロン 出演:レオナルド・ディカプリオ    ケイト・ウィンスレット    ビリー・ゼイン    キャシー・ベイツ    フランシス・フィッシャー ...... [続きを読む]

受信: 2006.01.07 17:30

» 映画『タイタニック』 ジェームズ・キャメロン [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
歴史に残る超バカ売れハリウッド映画。 世間に一大ブームを巻き起こし、猫もシャクシもウチの母親も「でかぷりおがイイのよ~!!」状態にしてしまいました。なのでまったく興味無かったのですが、先日機会があって、今さらながら冷やかし半分に観てみたところ、 意表を..... [続きを読む]

受信: 2006.01.20 09:38

» タイタニック [シアフレ.blog]
ほぼ原寸大に再現されたタイタニック号や細部に渡って忠実に再現された内装や衣装など、美術やCGをはじめとして圧倒されるその絵作りの豪華さは見所です。 そして、この作品のメインである、ローズとジャックの純愛にとても感動しました。... [続きを読む]

受信: 2006.02.07 13:31

» タイタニック [ぷらりんの〔ぷらぷら★ぷらり〕]
購入して一ヶ月、ようやく『アルティメット・エディション』見ました! ・・・と言っても三種類ある音声解説ではまだ見てないんだけど。 既に持っているDVDは片面2層なのに、こちらの版だと2枚に分かれていて、途中で「DISC 2を挿入してください」なんてメッセージが出る。1枚に入っている情報量が多いんだな、仕方ないんだな、(それにビデオだったら2本組みだしな、)とは思うけど、やっぱり興が殺がれるというか、面倒くさい。 で�... [続きを読む]

受信: 2006.02.17 23:21

« 戦国自衛隊 | トップページ | ダーク・エンジェル »