« がらくた | トップページ | 生きる »

一番美しく

――日本人が忘れてしまったかもしれない「美しさ」と「恐ろしさ」を描いた記録映画風の映画。

戦時下、兵器のためのレンズ工場で働く女子挺身隊(工員)たちの物語。

所長(志村喬)は訓示として、工員たちに工場が「特別増産体制」に入り、男子は10割、女子は5割の増産を目標として奮闘するように告げる。女子工員たちが不満げに言ったのは、目標が男子に比べて低すぎる、せめて2/3にして欲しいとのことだった。

要求通りに目標は上方修正された。集団生活の中で微熱を隠してがんばる者、骨折して国に帰ることを悔しがる者、皆それぞれ無理を押して増産に励むが生産は向上しない。やがて仲間割れが起き、彼女らをまとめる渡辺班長(矢口陽子)の心労は重なる。彼女も故郷にいる重病の母のことを隠し続けた。

ある日渡辺班長は自分の過ちで不良レンズを見逃してしまう。責任を感じて徹夜で一人不良レンズを探す渡辺。見守る所長と寮母のまなざし。夜明け間近、そのレンズはついに見つかった。
 
[感想]
戦時下の国策映画であり、お国のために自己犠牲で働く姿を「美しく」描いている。
それ故に戦争を美化していると、戦時下だったとは言え、のちの評論家の反発は大きいようだ。
確かにこの女工たちが一体何のためにがんばるのか?と言えば、
故郷の親のため、兵隊さんのため、お国のためと答えるしかないだろう。
どんなに働く姿を「美しく」描いても、戦争は決して許されることではない。

しかし黒澤本人は監督第2作目で、オリジナル脚本でもあるこの映画のことを非常に気に入っているという。
この作品は国策映画にもかかわらず、不思議と黒澤監督の指向性がはっきり出ている。
それは崇高なものへの憧れと、それに自己犠牲を払ってまでも近づこうとする献身的努力。
監督第1作の『姿三四郎』に始まり、『わが青春に悔なし』『静かなる決闘』『生きる』『七人の侍』『赤ひげ』までと続く黒澤作品群前半の大きなテーマである。『一番美しく』もこの系列に加わり、オリジナル脚本の最初の監督作品であるとともに、後の作品の萌芽をあちらこちらに感じ取れる。監督のお気に入りであるのは察しがつく。

上に挙げた黒澤監督の一連の作品群は『赤ひげ』(’65)で終わってしまうが、その熱き魂はTVや漫画のスポーツ根性もの(スポ根)へと点火されて継承されていったと考えている。もちろんその背景として’64の東京オリンピックや、プロ野球のON時代の幕開けを筆頭とするスポーツの興隆があるだろうし、社会全体が高度成長期に突入し新たなる「特別増産体制」が始まったからだとも言える。戦争ではない、新しい目標に近づこうとし、献身的努力が改めて「一番美しい」とされたのだろう。

この映画を見た時、主人公の渡辺班長に懐かしさを感じたのはなぜだろうか?
生産活動の合間に、鼓笛隊の練習とバレーボールの遊びのシーンが繰り返し出てきた。
後になって考えると、『アタックNo1』の鮎原こずえとダブらせて頭に浮かべていたのに気づいた。
いつもキャプテンとしての重圧を背負ってチームをまとめ、仲間をかばったり、時には皆からひんしゅくを買ったこともあったし、試合のために好きだった努君の死に目にも会えなかったし・・・
あっ~、完全にキャラがかぶっているじゃないか!

バブルがはじけて、もはやひたむきに頑張る時代は終わったようで、献身的だの根性だのは「超だせぇー」と言われて久しい。しかし日本人の美意識がそう簡単に変わるとは思えない。むしろ今でも心に深く根ざしたものだと思っている。ダサいはずのスポ根が、現在少しずつ復活していることからもそれは感じ取れる。

一番恐ろしいのは、その美意識だけが一人歩きしてしまうこと。
当時の兵隊さんだって、この映画の女工さんだって、みんな家族のために、お国のために頑張ったのだ。
自分たちの掲げた目標のため、あるいは故郷の両親のために、さらにはもっと崇高なもののために、ひたむきに頑張って作っているのが、戦争に使うためのレンズだなんて、考えてみればあまりにも残酷な話だ。
でも実際にそうだったのだと、この作品は記録映画のような語り口で語っている。
いやむしろこの作品自体そのものが、忘れ去られる国策映画という存在を「記録」している「映画」なのだ。
しかしこれがけっして遠い昔話ではないことを忘れてはいけないと思う。

[蛇足]
このヒロイン渡辺班長を演じた矢口陽子が、翌年には黒澤夫人となる。
撮影の前後でも本当の班長みたくて、みんなの意見や要望を代表して黒澤監督によくかみついたらしく、
そんなところが監督の心に留まったんでしょう。
 
監督:黒澤明
出演:矢口陽子、志村喬、入江たか子
(1944年・日本)

|

« がらくた | トップページ | 生きる »

1)邦画」カテゴリの記事

a)青春・恋愛・人情」カテゴリの記事

e)歴史物」カテゴリの記事

コメント

電影道士さん、TBありがとうございます。
黒澤明の作品は、通俗すぎるとか、娯楽性ばかりが目立つとか、映画通と呼ばれる人たちには、あまり評価が高くありません。しかし、これほど映画に打ち込み、映画のおもしろさを追求した監督はいないのではないでしょうか。黒澤は映像作家とは呼ばれないかもしれないが、映画の求道者として不滅の輝きを放っているとおもいます。彼の前期~中期にかけての作品をひとずつコメントしていこうとおもっています。
生意気なようですが、mayoeru50の「黒澤ベスト5+」を選定してみました。。
http://mayoeru50.exblog.jp/1038547
電影道士さんと評価が異なるかもしれませんが、また、ご意見をお聞かせ下さい。

投稿: mayoeru50 | 2005.03.18 08:07

mayoeru50様、
 ご丁寧なコメントありがとうございました。
「通俗すぎるとか、娯楽性ばかりが目立つとか」
おっしゃるような評価が本当に多いですよね。
まだ誰も気がつかなかったことや、違った解釈等、いろいろあるかと思います。
 このブログでも黒澤作品については、どんどん書いていこうと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

掲載予告編(上映順):
『生きる』 
『七人の侍』     
『隠し砦の三悪人』 
『椿三十郎』     
『赤ひげ』       

投稿: 電影道士 | 2005.03.18 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70868/3315674

この記事へのトラックバック一覧です: 一番美しく:

« がらくた | トップページ | 生きる »