« 掲載(予定)作品・キーワード索引 | トップページ | 変身 »

レインボーマン

──人類愛のために戦い続ける男。まさに究極のボランティア精神、愛の戦士ヤマトタケシの苦悩と限界。

レインボーマンが放映された1972年~73年の頃は、今思うと日本には劇的な変化があった。1972年の日中国交正常化を受け、親善大使としてパンダが来日したこと、1973年の『燃えよドラゴン』公開に始まるカンフー・ブーム、これらは戦後生まれの私が、初めて中国という隣国を意識する最初のきっかけとなった大きな出来事である。

そして73年第四次中東戦争を起因とする石油ショック。『日本沈没』『ノストラダムスの大予言』が大ブームになったのも73年。1974年公開の『エクソシスト』が巻き起こしたオカルト・ブーム。畳み掛けるように発生した一連の流れは、戦後の右肩上がりの高度成長が一段落し、またアメリカの外交政策が転換期を迎え、日本のアジア外交も・・・で、何だっけ?

そうそう、レインボーマンの登場はこうした流れの中にあり、アジアのもう一つの大国インドの存在を気づかせ、ヨガの超能力ブームを牽引した。「インドの山奥で修行して」で始まる主題歌は非常にインパクトがあり、子供心にヨガを習ってみたいと思ったものである。実際にヨガの入門書を小遣いで買ってはみたが「独学は危険なので、きちんとした指導者に」という言いつけに従い、未だに修行は始めていない。しかし志を捨てきれずに独学で「電影道士」になった次第である。

「死ね死ね死ね死ね死ね」を繰り返すエンディングの「死ね死ね団のテーマ」という歌も強烈だ(カラオケ屋さんにもあった!)。日本人抹殺を合言葉に結成された秘密結社。平田昭彦演じるロマンスグレー?の首領ミスターKはツボにはまっていた。塩沢とき演じる魔女イグアナもお見事。彼らがいったい旧大日本帝国軍の被害者たちなのか、それとも当時のアジアとの貿易摩擦に憤慨しているのかは不明だが、同じアジア人(?)からの糾弾であったのは意味深である。

しかし理由はともあれ、彼らの手口の狡猾さと卑劣さは許しがたい。人間を凶暴にする毒薬の配布や、偽宗教団体を隠れ蓑にして偽札をばら撒き、日本経済を大混乱に陥れたりする。挙句の果ては戦闘機を飛ばしたり、地底戦車で人工地震を発生したり、究極は同時爆破テロまでも。石油輸入を阻止したり、要人を誘拐して日本の国際的信用を貶めたり、子供向け番組にしてはリアルすぎるねぇ。

こうした輩を相手に一人戦うレインボーマン。いくらヨガの秘技を体得したからと言っても、これでは大変だ。体が七つあっても足りないくらいだ。最初のうちは人対人の戦いだった。「遠当ての術」で相手を倒しても、命まで奪う事はしなかった(任務に失敗した者はミスターKが掟どおりに処分しただけ)。しかし戦いが次第にエスカレートして行き、相手が戦闘機だったり、イグアナ率いる殺人プロフェッショナルやサイボーグとなれば相手の攻撃力を奪うだけではすまなくなる。こうして愛の戦士レインボーマンの純白の装束は次第に血で染められていくことになる。

さらに言えば彼が活躍すればするほど、お師匠のダイバダッタの平和の教えから離れていく気がしてならない。強い男になりたかったヤマトタケシは師を慕って単身で、当時交戦状態にあったインドに渡った。そこであえなく流れ弾に当たって死ぬのだが、ダイバダッタが現われて彼や兵士達を生き返らせる。師は戦う無意味さを諭し、争いの無い世界を築き上げるようにタケシに託して成仏する。

ゾフィーの魂をもらい受け、ウルトラマンに変身するハヤタのように、師ダイバダッタの魂宿し、レインボーマンに化身するタケシは、はたして師の理想をどこまで体現できたのであろうか? 彼にその意思や心意気があったにせよ、死ね死ね団に関わってしまったおかげで戦う側の一方に組み込まれてしまい、しかも世界愛、人類愛まで広がらずに、ひたすら日本の平和と秩序を守るだけの国内限定のヒーローに終わってしまった気がする。彼の飛行能力は、虹を越え国境を越えて、世界を叉に掛けて活躍するのにふさわしかったと思うのだが残念でならない。(実際、修行を終えたタケシは、インドから日本まで飛んで帰国している。国境なんか彼には関係ない。サンダーバードは要請があれば世界中どこへでも飛んで行く、あんな活躍をして欲しかったなぁ)

レインボーマンと同じ川内康範原作の月光仮面。彼は月光菩薩から取ったその名前の通り、慈悲の心を持って、悪人の罪を憎んで人を憎まずの精神を貫いたとのこと(昔見たけれど幼くてあまり覚えていない)。しかし月光仮面のおじさんが行使した正義は警察力に留まったが、レインボーマンのタケシお兄ちゃんは祖国を守るため、国防まで担当した。しかも人知れず、たった一人で!

レインボーマンにはもう一つ「ヤマトタケシの歌」というエンディングがある(カラオケ屋さんにもあった!)。「自分の幸せ守りたい、僕だって人間だ」という歌詞からは、「今さらあとにはひけない」でヒーローを続けなければならない生身の人間タケシの痛々しい叫びが聞こえてくる。調査のために何日も家を空けるのでに定職にさえ着けず、恋人淑江とのつかの間の語らいもいつも死ね死ね団に邪魔されてばかりいる。彼らを殲滅した今もなお、日本のどこかで一人戦い続けているタケシを思うと、本当に胸が痛む。

[蛇足]
しばらく筆を置いていたが、最近川内康範氏の名前と「オカルトの帝国 1970年代の日本を読む」の書評を見たのをきっかけに書いてみた。作品は昨年CSやケーブルで放映していたので大体見ていた。死ね死ね団の女性幹部キャシーが敵ながら気になった。高樹蓉子という女優で「美しきチャレンジャー」等、幅広く活躍しており、どこか見覚えがあったためだろう。(好きなタイプだと正直に言いなさい!)

[追記]
懐かしい第1作を見た時、あの「インドの山奥で」のオープニング・テーマに不思議と違和感を感じた。こんな暗いメロディーだったかな? 第2作を見た時に謎は氷解した。第1作ではイントロの数小節が無くていきなり歌詞が始まっていたのだった。この数小節が歌にヒーロー物らしい気品と気高さをかもし出す絶妙なスパイスなのかも。

原作:川内康範
プロデューサー:片岡政義(NET)
音楽:北原じゅん
出演:水谷邦久、井上昭文、平田昭彦、塩沢とき、曽我町子、高樹蓉子
(1972-73.NET、東宝)

|

« 掲載(予定)作品・キーワード索引 | トップページ | 変身 »

4)ドラマ」カテゴリの記事

f)オカルト・ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70868/14226105

この記事へのトラックバック一覧です: レインボーマン:

« 掲載(予定)作品・キーワード索引 | トップページ | 変身 »