a)青春・恋愛・人情

20世紀少年 第2章 最後の希望

――豪華キャスト、バーチャルワールドの深まる謎、テンポよく進むストーリー。のはずが裏目に出て、登場人物が多すぎ、バーチャルの意味不明、詰め込み過ぎで感情移入できないまま終わるモヤモヤ感。オッチョは少し出過ぎ、ここはカンナが主役だよ。(ネタバレ警告)

漫画の「20世紀少年」は読んでいなかったが、映画の第1章を先に見て、これはやはり原作も見ない訳にいかないと思った。
そこに描かれている1970年代の雰囲気やディテールは、浦沢氏と同世代だから面白いほどよくわかる。原っぱの秘密基地、アポロ11号の月面着陸、そして進歩と調和の大阪万博。懐かしいキーワードのオンパレード。ドンキーに追いかけられるシーンで出てくる町中の板塀や、ちらっと見えた?アース製薬のホーロー看板。世界の地名づくしのスナックやハレンチな映画ポスター、当たりの出ない駄菓子屋、学校の理科室などなど。その後の超能力ブームも懐かしいが、世紀末にあちこちで起きたカルト事件はまだ記憶に新しい。リアルというか、嫌な生々しさを感じてしまう。これが漫画をずっと敬遠していた理由である。(注1)

第1章でロッカー人生に挫折して平凡な毎日を繰り返すケンヂが事件に巻き込まれ、追い詰められて、ついに戦いを決意するくだり。押入れのギターを引っ張り出し、がむしゃらにかき鳴らす。今一つ迫力に欠けたかな。でもケンヂの呼びかけに応じて、下水溝の第2の秘密基地に一人また一人と集まるところはいい。最後にユキジが「七人よ!」黒澤だね。続きを期待できた。(注2)

第2章はケンヂ無きあと、原っぱの仲間たちそれぞれが、ケンヂの意志を継いでレジスタンス活動を展開する。しかし圧倒的な支配力を持つ「ともだち」のために歴史は捏造され、勇士はみんなテロリストの汚名を着せられて、あまりにも無力だった。オッチョしかり、ヨシツネも。マルオの決死のシーンも見せて欲しかった。

高校生になったカンナも、歴史の授業中にケンヂおじちゃんの汚名を晴らそうと抵抗するがどうする事もできず、ただただ涙を流す。そういう彼女がおじちゃんの言葉を思い出し、勇気を出して戦いを決意する場面があったかどうか、印象にない。彼女はスプーン曲げや(映画では無かった)カジノで見せた特殊能力だけではなく、もっと神がかりな、人を圧倒し、何かを期待させるカリスマ的な力を持っていた(注3)。カンナが本気になると大きな瞳がさらにカッと見開く。マフィアの親分二人を和解させてラーメンを食べさせるだけではなく、あのカジノの緊迫した場面でカッと見開く瞳をぜひ映像化して欲しかった。ここまで書けば漫画をみたくなるであろう(^^♪

だから教会の場面も原作通りに、ローマ法王殺害を絶対に阻止して見せる!というカンナの強い意志を打ち出すべきだったのだ。彼女が救世主としてきっと事態を打破してくれる!そう信じられるように。そうすれば「しんよげんの書」の言葉に俄然説得力が出てくる。そしてホクロの警官登場で絶体絶命のピンチ。緊張の極致。そこにオッチョ乱入!「カンナは俺達の最後の希望だ!」
ここを前半の山場にすべきだった! この画像がネットに山ほどあふれているのを見るとつくづく惜しいと思う。オッチョは少し出過ぎ。脱走して万博会場を見て唖然とするあたりで止めておき、あとでいきなり乱入シーンの方が盛り上がる。

続きを読む "20世紀少年 第2章 最後の希望"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり~夏目雅子27年の生涯と母の愛

――「伊集院雅子の生涯」彼女の人生そのものがドラマである。仲間由紀恵が良い。ふと見せる表情が怖いくらい夏目雅子。

夏目雅子という一人の女性がどう生きたか、女優として、娘として、妻として。
母の手記という視点ではあるが、実に生き生きと描かれていた。

娘の将来を想い、女優業に反対しつづける母の願い。
大好きな母にどんなに反対されても、弱音を吐かずに女優を続ける雅子。
口と一緒に手も出る母に対して、気丈に自分の意思を押し通す。
彼女の演技にもし何かを感じるとしたら、それは母譲りの芯の強さのせいかもしれない。
母娘ってたいがい、よく似るもんだから。

それにひきかえ、控えめで気配りが出来て本当に優しい父。
アッシー君?をやりながらさり気なく娘を気遣い、今度から電車で通うと言い出す娘にちょっと寂しげに笑う父親。
雅子は間違いなく父親のDNAも引き継いでいる。
父娘ってたいがい、よく似るもんだから。

余命幾ばくもない父に気丈に演技をし続ける雅子。
死んだ父に静かに言葉をかける母。
そんな姿までも「芸の肥やし」にしてしまう雅子に激怒する母。
人間の喜怒哀楽、美しさも醜さも演じていかねばならない俳優って因果な商売。
「難しいから面白いんじゃない?」

女優になりたかったのは、母の気を惹きたかったから?
人間ってそんな単純ではない。でもそれもよくわかる気がする。
反対されたからあんなに頑張れたのだろうし。
せっかく母の理解も得て、旦那さんとの愛も、女優としての地位も得て、これからというはずなのに、残念でならない。彼女の人生そのものがドラマだった。

仲間由紀恵が良い。三田佳子、岸部一徳の脇ももちろんだが。
実在の人物、しかもまだみんなの記憶にある女優を演じるなんて、半端な気持ちではできない。あのポスターは愛嬌だとして、出演作のワンカットは結構似ていた(ファンサービス)。時々夏目雅子が憑依したようで、ふと見せる表情が怖いくらい夏目雅子。あれは演技を超えていた。
彼女も今年27歳。夏目雅子が逝った歳である。どういう女優かほとんど知らなかったそうだが、あの女優魂は見る側よりもずっと強く彼女の心に刻み込まれたに違いない。これからもいい演技をして欲しい。

原案:『ふたりの「雅子」』(小達スエ著.講談社)
出演:仲間由紀恵、三田佳子、岸部一徳、緒形直人
(TBS.2007)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

生きる(リメイク版・含比較)

――二時間ヒューマン・ドキュメンタリーならば文句なし。でもたとえパロディーでも良いから松本幸四郎に柳沢教授風に演じて欲しかったなぁ~

松本幸四郎と言えば大河ドラマ『黄金の日日』で主人公助左衛門を演じた。乱世に生き、自分の信念を貫き、夢を追い続けた情熱的な人である。
私の好きなドラマだが、レビューがまだ書けない…
しかしまるで『生きる』の渡辺とは正反対のキャラである。

『天才柳沢教授の生活』では、本人は至って大真面目な大学教授なのに、いろいろ事件を巻き起こし(?)、くすくすと笑いを誘う。時間には几帳面で、道も必ずまっすぐ歩き、曲がり角は必ず直角に曲がって歩く。好奇心旺盛という意味では情熱的とも言えるが、真面目さと可笑しさのギャップはこの方の持ち味なんだろう。このキャラで行くのかな? 私は少し期待した。

黒澤オリジナル『生きる』については、すでに全てを書き尽くした。あとはもう自分にその時が来ない限り、新たな感想は出そうも無い。だから今回はリメイク版との簡単な比較でお茶を濁したい。

しかしながらリメイク版は、最初から最後まで真面目に撮り過ぎだ。まるでシリアスな密着ドキュメンタリーのように、カメラが付きっ切りで撮っている感じ。一人称。見る側も心に余裕が無く、主人公勘治につき合わされている。
オリジナルはその点、ブラックユーモア満載。息子夫婦とのやり取りも、大真面目なのに間が抜けていて可笑しい。鬼嫁でさえも単なる我利我利亡者ではなく、義父と寄り添う?若い娘を見て、皮肉な顔をしてニヤリとする。
そうこれこそが柳沢教授的生活。
勘治が深刻になればなるほど、不謹慎だけどフッと笑みがこぼれてしまう。

メフィストを「三文文士(死語)」でなく、息子と同世代の男にしたのは素晴らしい。
一晩で一生分の快楽を味わせて差し上げましょう!
おぉ~このセリフ、なかなかグッときますね。
彼との一夜の思い出は、叶わなかった実の息子光男とのバーチャルな一夜。羽目をはずす柳沢教授、じゃなくて勘治をもっともっと見たかったね。メフィストは自分の死んだ親父を思い出していたと言うが、勘治は息子の事を少しでも思い出したりはしなかったのだろうか?

「老いらくの恋」なんて死語ではなくずばり「援交」。上役のあだ名がミイラしか出なかったが、本当はもっといろいろなあだ名があった。まぁ仕方ないか、死語のオンパレードだから。勘治が立ち直るきっかけとなった犬の縫いぐるみだが、やはりここはウサギでないとギャグにならないだろう。

お通夜のシーン。名場面なのだが、芸達者な役者を揃えた。みんなうまいね。
なのに後日談はよくない。
新体制の市民課。やる気の無いみんなに対してユースケが一瞬でいいからガツンと怒って欲しかった。書類の山に埋もれるシーンもない。ユースケ・あんた無理か?

ラストの助役の選挙カーにあの娘がウグイス嬢をやっている。
子犬を作るのが楽しいと言った彼女は、どこに消えてしまったのか…
黒澤がラストシーンで投げかけた謎掛けは、どこに消えてしまったのか…

演出: 藤田明二
出演: 松本幸四郎、深田恭子、北村一輝、ユースケ・サンタマリア、小野武彦、岸部一徳
製作:テレビ朝日(2007)

[関連記事]
生きる(黒澤明.1952)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時をかける少女(アニメ版)

――時をころがるお転婆少女・真琴の七転び八起きのやり直し人生。私は原作やNHK版や大林監督版よりも結構楽しめたけど。

筒井康隆原作は短編ながらも未だに色あせないSFファンタジーの金字塔だろう。
『スーパージェッター』のような未来人でもなく、『タイムトンネル』のような超最新鋭の研究所でもなく、ごくごく普通の女の子芳山和子が、ごくごく普通の放課後の理科室で、という所が子供心をくすぐった。ケン・ソゴルという名前もしっかり頭に刻み込まれた。ラベンダーという花は当時見たこともなかったが、いつかきっと嗅いでみてタイムトラベラーになりたいと願ったものだ。(今ではトイレに満ち溢れているその香り)

しかし、淡い恋心をモチーフにしたノスタルジー…云々という何かで読んだ解釈は、あまり当たっていないと思った。NHK少年少女ドラマシリーズ('72)では当時の幼い自分にわかるはずもないし、現存する最終話を見ても、どこが淡いのかあまりピンと来なかった。大林版('83)は原田知世の笑顔全開だが、淡い恋心よりはどうしても尾道のような原風景への淡い郷愁が先に立ってしまう。ミュージカル風エンディングは好きなのだが。

第一に思い出として残るからこそ「淡い」と感じるのであって、『MIB』のようにピカっと記憶を消されてしまったら、「淡く」さえもない。何も思い出せない芳山和子をあわれと思うか、それとも好きな彼女を忘れられずに未来に帰ったケン・ソゴルをあわれと思うかは自由だ!(♪あわれ is freedom~)でも、この見方はちょっと『シザーハンズ』の感想に似てるで! 私は角川春樹監督版('97)の、一味違うウェットなエンディングが好きだ。

もう一つ残念なのは、今までの作品では思った通りの時間に行けるほど能力はそんなに高くなく、あまり見せ場らしい見せ場が無かったこと。それにNHK版では和子が先生を助けようとしたが結局できなかった。過去は変えられないという例のお約束で。大林版の場合も原田知世は自分の能力に気付いたらすぐケン・ソゴルが現れてしまう。もっと自由にあちこち行かせてあげればよかったのに。

さてここまで書けば、アニメ版が結構楽しめた理由が何となくお分かりであろう。淡い三角関係、放課後の理科室という設定はそのままで、あとは大胆にアレンジをしている。
せっかく身についた超能力だから、好き放題に使いたい。過去は変えられない、なんて難しい時間の理論は関係ない。真琴は何度でも過去に戻って、自分の好きなように人生を選択している。宿題を忘れたら過去に戻ればいいじゃん、なんて実に安直。調子に乗って功介と後輩の女の子の仲を取り持つために、何度も過去を上書き保存する。でも高校生が思いつくことって、しょせんあんなもんでしょう。100万円もらっても、何に使えばいいかなんて急に思いつかない。

なのに千昭に告白(あれでも一応告白なのかな?)された時は、それをこばんでさっさと過去を消してしまう。しかし一度消えた過去は元に戻らない。彼の気持ちを踏みにじった罪悪感。そして好きだと言われて初めて気付く自分の中の揺れる想い。いいねえ、これこそが「淡い恋心」。このビミョウな乙女心がうまく表現できていたと思う。最後も記憶を消されず、「淡い」思い出を抱いたままがんばろうと誓う彼女の姿に「負けないで!」とつい応援したくなる。これまでの作品にない展開に、なあるほど、そう来たか!と感心させられた。

※「7デイズ」というアメリカのSFドラマでは、主人公の特殊工作員が過去に戻って社会を脅かす大事件を未然に防ぐ。これなんかはもっと大規模で、国家機関が関与して過去を変えるのだが、やはり個々人の人生は上書きされてしまうのだ。これって人権侵害だろう?
※タイムリープできる回数だが、あれはおかしくないか? 戻って増えるくらいなら、最初からそうなっているはず。エンディングが流れていても、気になって仕方なかった。
※中高校生くらいだど、変えたい過去なんてそんなにないだろう。おじさんになると変えたい過去だらけだ。でももう一度中学生に戻って受験勉強なんかやり直したくないしナ。
◆この電影道士のブログには、時間と記憶関係の映画の記事が結構多いのに気づかれたであろうか? 『戦国自衛隊』『タイムマシン』『12モンキーズ』『猿の惑星』『メメント』『MIB』等。
原点はこの『時をかける少女』だろう。

監督: 細田守
原作: 筒井康隆 『時をかける少女』
脚本: 奥寺佐渡子
声の出演: 仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵
(2006年.角川映画)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はつ恋(田中麗奈)

――音痴でストーカー、ちょっぴり三枚目の田中麗奈の「おじさん改造講座」に、笑っている場合ではないと思わず背筋を伸ばしてしまった。 

定職も無く朝からパチンコ。税金すら払えずに、安アパートの部屋の隅でびくびくする毎日。ぼさぼさ頭に無精ひげ。こんな破綻寸前の中年男のところに、ある日見知らぬ娘が訪れてきた。裏窓からいつもの縄梯子で逃げるも、「藤木さ~ん!藤木真一路さ~ん!」と自分の名前を大声で呼びながら執拗に追いかけてくる・・・振り切ったと思いきや、パチンコ屋の中まで追いかけてきて、母に会ってくれませんかと言われる。

今度は娘を逆ストーカーしてつけて行き、大きな病院に入っていく。こうして彼女が自分のところに来た訳がわかってきた。しかしこのガキ本当に不躾な奴だ。理由も言わずにただ会えだと? 志津枝さんの病気が重そうなのはわかったけれど、第一彼女が本当に俺に会いたいと言ったのだろうか? 俺だってこんな惨めな毎日なのに今更会える柄じゃないワケだし・・・

翌日まだ朝早くあの娘がやって来た。
「志津枝さん、そんなに悪いのか?」「何で(知ってんの)?」「おあいこだろっ!」
「よし!見舞いついでだ、行くぞ!」「今はダメなの!夢が壊れる・・・」
「勝手にしろっ!」でゴロンと仰向けになる。

翌日また朝早くあの娘がやって来た。
「ジョギングしよっ!」 こうして田中麗奈演じる聡夏の「おじさん改造講座」が始まった。
「日頃の成果をさぁ、見せてやろうよ!」ってか?
ぶつぶつ文句を言う真田さんが可笑しい。足がもつれてルームランナーからぶざまに転げ落ちる姿に、こちらも椅子から笑い転げる。しかし私も笑っている場合ではない。あちらは演技だけど、こちらはマジヤバ。

続きを読む "はつ恋(田中麗奈)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変身

――人には誰しも心を奪われる美しい瞬間もあれば、果てしなく絶望的な時間もある。しかし自分が自分である事にもっと感謝しなければ・・・

純一は絵を描くのが好きな一人の平凡な工員。毎週通う画材屋の店員恵にいつしか恋心を抱き始める。そんなある日思い切って恵を誘って美しい湖に出かけ、そこをバックに彼女の絵を描き始めるのだが・・・

東野圭吾同名原作のこのタイトルがなければ、間違いなく恋愛映画と思って見続けることだろう。もうとっくに忘れてしまったあの感覚を主人公に重ね合わせるのは少々辛いが、美しい大自然を背にした二人の語らいに思わず引き込まれてしまう。

画面は急転。深い眠りから目を覚ました純一は、白い壁に囲まれた無機質な部屋のベッドの上に横たわる自分を知る。この見事なコントラスト!一人の年老いた医師がやって来て、君は九死に一生を得たのだと語る。しかしいったい何が起きたのか純一は全く覚えておらず、教えてもくれなかった。

続きを読む "変身"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALWAYS 三丁目の夕日

――高度成長への限りない希望が信じられた30年代、故郷に帰ったような懐かしさと違和感を絶妙に閉じ込めた真空パックの三丁目。

まずは薬師丸ひろ子演じる肝っ玉母さんに拍手喝采! 鈴木モーターズ社長のお父さんを立てながら、しっかり一家を支えている。母親役があまりにもはまり過ぎて、あの往年の『野性の証明』『戦国自衛隊』の少女時代が遠い昔だった事に驚かされる。(失礼!)

そして茶川龍之介の吉岡秀隆。彼は何をやっても吉岡秀隆にしか見えないが、りっぱにインテリくずれ?の青年を演じていた。しかも子供を押し付けられて困り果てる様や、笑わせて泣かせる技は見事に昭和喜劇の王道を歩んでいる(笑いのネタが古くて、わかりやすいが、私は嫌いではない)。逝去10年になる渥美清がもしいたら、面白い絵になりそう。しかし満男もいい親父になったなぁ。(こりゃまた失礼!)

昭和の名子役に負けない演技を披露したのが、須賀健太と小清水一揮の二人。特に古行淳之介の須賀健太は、あの健気な目だけで喜びや悲しさの全てを表現しつくす。茶川を尊敬するまなざし、自分のアイデアが雑誌に載った喜び、後味の悪い母との出会い、クリスマス・プレゼント、そして茶川との別れ・・・その素朴で、素直で、純粋な感情表現に、たいていの大人たちは思わず涙。君は本当に平成生まれなのか?

こうした新旧名子役に加え、堤真一の達者な芸や、堀北真希のさわやかさ、三浦友和の渋さが加わり、妙に懐かしく、しかし実際はあまりよく覚えていない(あるいは全く知らない)はずの昭和30年代が不思議によみがえってくる。これが日本人のDNAに刻み込まれた下町の原風景なのか? そういえば寅さんとタコ社長もそうだが、下町ってお隣同士で喧嘩ばかりしているんだね。

続きを読む "ALWAYS 三丁目の夕日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無極(プロミス)

――だますなら最後までだまし続けること、それが大人のマナー? 神様とのご契約は計画的に。この映画は「真実の愛」を求めて止まない、恋愛に臆病な貴女へのメッセージ。

CG使いまくり、派手な色彩とオーバーアクション、真田さんの生中国語に脱帽するものの、突っ込みどころ満載の映画である。しかしその語ろうとするところは実に深遠である。
戦乱の世、生きる術を持たず、ただ一つの饅頭(マントウ)を必死に母に届けようとする幼い少女「傾城」。途中少年に取り上げられるが、奴隷になると言って騙し、饅頭を取り返して逃げる。そんな彼女に運命の女神「満神」は、「世の男性の寵愛と何不自由の無い生活をあげましょう。ただし真実の愛を得ることはできない。それでもいい?」と尋ねる。傾城は「それでもいい」と答え、「プロミス(契約)」は成立する。しかし「真実の愛」とは何か? 幼い傾城は「契約内容をよくご確認」したのだろうか?

続きを読む "無極(プロミス)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップキャスター

――敏腕弁護士、鬼教師、そして今度は伝説のニュースキャスター。新しいキャラクターの登場か?

信念を持って仕事に生きる女性を演じるとしたら、きょうび天海祐希の右に出るものはいないだろう。世の中なんて、どうせ自分の思い通りにならないや!と半ば諦めている我々にはまさに救世主。
(わぁ~、平成のジャンヌ・ダルクやぁ!! By 彦麻呂道士?)
それは男性から見ても、一回り下の世代から見ても、かっこいい!と感じさせる女性像。
今度の椿木春香は、阿久津先生のように極端に走らないが、充分に型破りで、恐れを知らずに突っ走るタイプ。頑固で、負けず嫌い、意地っ張り・・・まぁいい意味で。

最初は周りの人間も彼女のやり方に批判的だったが、次第に彼女のペースに巻き込まれていく。
「私は報道なんかに興味ありません!」というアシスタントの飛鳥望美も、「椿木さんみたいになりたい」と言うようになる。
クールな取締役結城雅人も昔の報道マンとしての情熱を取り戻したようだし、権威に弱いお調子者の石場プロジューサーも、とうとう椿木の味方になり、チームを団結させる。そして行き過ぎる椿木をやんわりとたしなめるのは、児玉清演じる局長。いい味出している。

そういう仕事第一主義の椿木も一方では相当お茶目で、家のことはいい加減だし、「恋のイロハは見当つかぬ」様子だし、この辺りは天海が今まで演じたキャラに少々かぶっている。まぁ良しとしよう。

「誰も知らないニュースを取り上げましょう!」
スクープのネタには多少社会性のあるものもあったが、まあ週刊誌ネタっぽいのが多い。最初の頃の医療ミスやインチキ占い師、メール疑惑等は、まあまあパロディになっているかな。野球部不祥事や役所の職員の話は「あり」かもしれないが、はたしてスクープなのかな?
「報道とは人の心を扱う仕事」だから、こういう小さな事件も大切に報道するのだろう。しかし一番大きなスクープが、自社の会長の贈賄疑惑だというのは皮肉な話だが。

回を重ねるにつれて事件そのものよりも、それを扱うスタッフの内面が強調されてくるようになった。となると、このドラマの主眼は「報道する人の心を扱う」教育ドラマだったのか、と気づいた。
つまり最終回を待たず、「誤報」を恐れずに言えば、このドラマはようするに・・・

続きを読む "トップキャスター"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

事件

――シンプルな題名に隠された「事件」のドロドロとした人間模様と裁判制度への鋭い視点。

 東京近郊の静かな町の山林で、女性の刺殺死体が発見される。スナック経営のハツ子(24)(松坂慶子)だった。幼なじみの工員上田宏(19)(永島敏行)が逮捕されるが、彼はハツ子の妹ヨシ子(19)(大竹しのぶ)と同棲しており、ヨシ子は妊娠していた。宏は殺人を認めているものの、記憶もあいまいだった。公判が進むに連れて、ハツ子のヒモ、宮内(渡瀬恒彦)が登場、被害者の過去がしだいに明るみに・・・。
検事官(芦田伸介)と弁護人(丹波哲郎)の火花飛び散る法廷合戦、そして中央にドンとすわる重厚な裁判長(佐分利信) 。これだけのキャスティングで面白くないはずはない!
でもそれだけではない・・・
 

続きを読む "事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)