c)アクション

亡国のイージス

――亡国への憂いがテーマなのに肝心の「国家」論が無い。甘いテロ対策への警鐘で終わってしまった。

あの膨大な原作を読まずに、映画館での上映があと数日で終わるギリギリに駆け込んだ。どなたかが「小説の総集編」と言うように、原作を見ないと意味不明のシーンが多いが、結局読んでもわからない部分もあった。冒頭の交通事故や通夜のシーン?はほとんど記憶にない。先任伍長が町でケンカをした部下たちのために警察に土下座する。「こいつらを勘弁してやってください。」みたいな事を言ったけど、これでは『ごくせん』のヤンクミだ。如月行のずば抜けた運動神経と、伍長の「ぶざまでもいいから生き抜け!」という人生哲学を物語る大事な場面。浪花節。しかしこれって、もみ消しだろう?少し部下に甘くないか?

溝口らFTGのメンバーが乗り込んで「いそかぜ」が運命の出航をする。夜の甲板の場面で如月が無口で芸術家タイプなのは理解できたが、20歳そこそこの青年が暗い過去と重い任務を背負った特別な存在だとわからせるには演技だけでは難しいね。その彼が唐突に事件を起こす。小説では事件の背景や人物像等が好き放題書いていたけれど、映画では意外とあっさり大事件が発生する。伍長にとって全てが唐突なのだ。訳のわからぬまま捕獲され、主犯格が正体を現わすと、ここからようやくテンポのいい展開になる。絶対絶命の条件下でどうやって乗っ取られた艦を取り返すか?入り組んだイージス艦の内部を縦横無尽に動き回り、まさに最新機器で囲まれたジャングルの中でゲリラ戦が展開される。いいぞ頑張れ真田さん!

『沈黙の戦艦』『ダイ・ハード』『ザ・ロック』等、冷血無慈悲な悪玉テロリストとの戦闘映画は枚挙にいとまがない。しかしこうしたテロリスト集団が相手ならともかくも、同僚の自衛官を相手の奮闘は伍長も煮え切らない。奪われた母艦を取り戻すため、首都東京の住民を守るためなのだが、そもそもどうして彼らは謀反を起こしたのか?政府への要求で一応の説明はついたものの疑問は残る。子息の内部告発文章と事故死に見せかけた暗殺、隠蔽された化学兵器事故について公表せよと言うが、こうしたみそぎを済ませれば単純に全て解決するのだろうか? 寺尾さんの『半落ち』のイメージが強い。いい人だけれど家族を大切にするために組織や社会を裏切る。その切なさと決意は伝わるが、どうも私憤の域を出ないと思われる。肝心のテーマであるはずの亡国への憂いとか理想の実現とかが小説でさえもきちんと描ききれていない。ヨンファも憂国の士のはずなのに、映画では「これが戦争だ!」と叫ぶだけの単純なテロリストだったし、小説でも妹の死を契機に凶悪な復讐鬼に成り下がっている。

人は何のために戦うのか? たとえば、先任伍長が奪われた母艦を取り戻すため、あるいは首都東京の罪もない一千万の命を守るため、あるいは大切な家族や友人を守るため。その気持ちが尊いことに間違いはない。その延長に祖国愛があってもいい。しかし「国家」とは常に守られるべき弱き存在ではない。時として戦争が始まれば「国家」の名の下に人々は徴集され、残酷な破壊活動に駆り出され、やがて首謀者の意図や制御を振り切って、相互の破滅へと突き進むこともある。ちょうどヨンファ亡き後も制御を失って東京へと突き進む「いそかぜ」のように。この映画に限らず、最近の戦争映画は、守るべき「国家」ばかりが強調しすぎるきらいがある。

『ザ・ロック』のニコラス刑事の時はもう少しスマートだったが、先任伍長はぼろぼろの体を引きづり、仰向けになって手旗信号で監視衛星に爆撃中止の合図を送る。最後の一か八かの賭けである。衛星からはコミカルな動きで、彼の必死の形相が見えてこない。でも「ぶざまでもいいから生き抜け!」という伍長の信念に私は泣けた。(防衛庁情報局ダイスの渥美さん、手旗信号くらい、すぐに解読しなさい)

最悪のシナリオは免れたものの、政府は東京湾に沈んだ「いそかぜ事件」を「無事に」隠蔽できたのだろうか?だとしたら艦長らが命がけで提起した命題は再び闇に葬られたことになる。ダイスは存続できるのか?そもそも事件の種を作り、情報を事前に入手したにもかかわらず、如月一人を送るだけで事件を阻止できなかった責任は重いと思う。不思議だったのは、化学兵器を盗まれた某国が表に一切出ようとしないこと。小説では日本に責任をなすりつける記述があったものの、腑に落ちない。違法な武器開発は他の国が指摘すれば大きな国際問題に発展し、両国のトップが辞任するだけでは済まないはずなのに後日談にそんな記述も懸念もない。要するに亡国への憂いがテーマなのに肝心の「国家」論が無い。結局甘いテロ対策への警鐘で終わってしまった。

監督: 阪本順治
原作: 福井晴敏
出演: 真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼
(2005.日本)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

隠し砦の三悪人

――血沸き肉踊る冒険活劇。でも、何か見逃していないか? 隠し砦に何かがある。

時は戦国。又七、太平のいがみ合いで始まる冒頭は、『スターウォーズ』であまりにも有名。
手柄を立てようといくさに出たが、散々な目に遭って逃げ出した二人。お互いに相手をなじり、隙あればうまい話を独り占めしようとする、強欲のかたまりのような二人。

その二人は偶然拾った薪の中の金塊がきっかけで、六郎太を手伝って金二百貫を運ぶ羽目になる。二人は六郎太が金塊を不正に手に入れたと思ったからだろうか、最後まで隙あれば横取りすることばかり考えていた。もっとも六郎太の正体を知ったところで、彼らに忠義心があるかどうかは疑問であるが。

出発直前、六郎太が妹を雪姫の身代わりとして役人に差し出したことを、雪姫はなじる。「妹を殺して涙一つ流さぬ、その忠義顔! 嫌じゃ!」と言い残し、怒って出て行く。側にいた姥は、そういう姫こそ涙も流さずに六郎太を責めるのは姫のわがままだと嘆く。しかし雪姫はそのあと、山中で人知れず大粒の涙を流して泣くのであった。

親兄弟、味方や主人にさえも騙し、殺しあう、この乱世の時代。
六郎太が妹を犠牲にしてまでも姫を救ったならば、これ程までの忠義心はないはずだ。しかし姫がそこで泣いてしまったら、六郎太の立つ瀬が無い。彼女は領主としてこの非情な選択を受け入れつつ、その無情さに言い得ぬ怒りと悲しみを感じた。だからこそ一人で大泣きしたのだ。16歳の姫にとっては大きな試練である。
はたして忠義心とは何か? そのためにはどんな犠牲も仕方ないのか? 吹っ切れない何かが残る。

続きを読む "隠し砦の三悪人"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

キル・ビル Vol.1・2

――やっちまえな!やられたら、やり返す、殺し屋の仁義ある戦い。

ユマ・サーマン演じるブライドがかっこよくてハチャメチャ強い。
対する敵役のビル、部下のエル・ドライバーやオーレン・イシイもそれぞれ強くて渋い。これだけ役者揃えたんだから、どうぞ好きなだけ派手にやってください、って感じ。

「キル・ビル」は語呂がいい。キル・ボブとか、キル・ディックとか、キル・ジェームズとかじゃあ、語呂が悪いし、ポスターの英語タイトルの収まりが悪い。ビルに感謝!

Vol.1では、なぜブライドがあんなに強いのか、そもそもどうしてビルの子供がお腹にいるのに、他の男と結婚しようとしたのか、謎を残したまま、復讐に突っ走ってしまう。ブライドの過去とか生い立ちとか全然わからずに、オーレン・イシイの生い立ちがご丁寧にアニメ化されていた。変なの~

Vol.2は、解答編。でも解答変~、あるいは解答出~へんという感じ。 
Vol.1が単純明快な「動」なのに、Vol.2が義理人情の葛藤を描く「静」で、すっきりしない終わり方。

ブライドが強いのは、ビルのお師匠さんであるパイ・メイに弟子入りしたから。納得。
映画では無かったDVDのお宝映像では、ビルが中国人数人をいとも簡単にやっつけるシーンがあった。その後ろでブライドが、驚きの目でビルを見ていた。きっとその強さにブライドが憧れて、厳しい修行を始めたんだろうなと察しがつく。

ビルの子供ができたのに、殺し屋を父に持っては子供がかわいそうだとブライドが言っていた。
何か変な理由だ。でもよくよく両方の言い分を聞いてみると、ブライドが黙って出て行き、見知らぬ男と結婚式を挙げると知ったら、ビルだって黙って「はい、そうですか」とは行かないだろう。「落とし前をつけろ!」 となるのは、彼らの仁義だと思う。

ブライドからすれば、大事な子供や夫や友人を失ったのだから、復讐も当然なんだろうが、だったらビルだけ殺せば済むような気もする。なんで元同僚まで殺すの?
(もちろん理由があれば殺していいという訳ではない!) 
憎いから? 仮に憎しみが残っていたとしても、子供の顔を見た瞬間消えてしまったはず。
恨みとか憎しみよりは、むしろ殺しのプロとしての体面、落とし前をつけるために愛した人を殺るんだと思う。 

ビルも同じ考えだろう。だからこそビルも平然としていて、殺されるのも殺すのも意に介さない様子だったに違いない。あの『燃えよカンフー』の修行僧の成れの果て? といった悟りの境地なのだろうか。
ボスの貫禄。善悪を超えて、ビルは偉大な存在だった。
復讐が終わって、ブライドは満足だったのだろうか。
本当はビルを殺る瞬間だって彼を愛していたに違いないのに・・・

続きを読む "キル・ビル Vol.1・2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダーク・エンジェル

――「2時間では語り尽くせない」、恋愛が苦手同士の男と女の物語

近未来のアメリカ、機密機関マンティコアで遺伝子操作によって改造された子供たちが、特殊訓練を受け、最強の兵士として育てられていた。ある日、12人の少年少女が脱走し、姿を消した。そして10年・・・

サイバーテロの影響で社会秩序は荒廃し、不正が蔓延する世界。
その中で明るく強く生き抜くヒロイン、マックスを演じたジェシカ・アルバのキュートな魅力。
笑った時、呆れた時、怒った時、泣いた時の表情が一つ一つ良い。彼女は実際に両親からいろいろな人種の血を受け継いでいるが、きっと物語の設定どおりに猫の遺伝子も受け継いでいるに違いない。

そして元教官で追っ手である宿敵ライデッガーとの攻防戦はなかなかのもの。遺伝子操作によって備わった動物的な超能力に加え、軍隊仕込みの格闘技、 戦闘技術を駆使して、相手をいかに倒し、裏をかいて逃げ切るか。

そして仲間たち。仕事仲間のオリジナル・シンディたちとの憩いのひと時。
またマンティコアから一緒に脱走し、散り散りになった兄弟たちが次々と登場し、ストーリーを盛り上げる。
特に兄貴分のザックは兵士として完璧なほどのクールさで、マックスと しばしば意見が対立するが、本当は義理堅 く頼りがいのある、いい奴。姉貴分のティンガも魅力ある女性。

そしてマックスの良き理解者であり、正義のジャーナリストであるローガンとの掛け合い漫才。
二人は表面的には言い合いばかりしているが、しかし回を追うごとにお互いを信頼し、好きになっていく。
でもすがすがしいけど、ちょっとじれったいねぇ。こんなにすれ違いばかりしていては、キャメロン監督が自分で言う通り、確かに「2時間では語り尽くせない」。

マックスは最初男性に対して異常な敵愾心を燃やしていた。
脱走生活が長く、心をゆだねる相手がいなかったこともある。彼女の猫遺伝子によるコンプレックスも原因だろう。
あるいは父親的存在であったライデッガーへの憎悪がそうさせたのかもしれない。
荒廃した社会、権力への抵抗とも取れるし、それに対抗する正義についても嫌悪感を抱いていた。
この世の男性的な存在をいったん全て否定し、その上で新しい生き方を彼女は見つけたのだろう。
だからこそローガンとの対話にこんなに時間が必要だったのだ。

『タイタニック』の降って沸いた白馬の王子様的恋愛話にはどうしても感情移入できなかったが、この恋愛プロセスは納得できる。もっともこの物語もふくめ、男性はいつも献身的存在だというのは相変わらずだが・・・

『ダークエンジェル』を煎じ詰めると、石ノ森章太郎の『サイボーグ009』と同じ構図になっている。
『仮面ライダー』や梶原一騎の『タイガーマスク』も同じ構図だ。
つまり、主人公たちは組織に疑問を感じてそこから逃れるのだが、結局は追っ手と戦い続けていく宿命に立たされる。戦士としての自分の能力を恨みながら、 戦うことでしか生きていけない矛盾。
組織とは、マンティコアであり、ブラックゴーストであり、ショッカー、虎の穴のことである。

仲間の数から言うと『サイボーグ009』に近いけれど、彼らはたいてい一緒に行動する。
心情的には白土三平 の『カムイ外伝』に一番近い。マックスは、21世紀の”抜け忍”ということになる。
カワサキニンジャに乗っているし。

[蛇足]
数年前に地上波で放映していた時は、第1話からいきなり第6話に飛んでいた。
マックスとローガンとの微妙な間柄は、かなり縮まってきているし、いろんな伏線もずたずたで、話がつながらなかった。暴挙としか思えなかった。


制作総指揮:ジェームズ・キャメロン、チャールズ・H・エグリー
主演:ジェシカ・アルバ、マイケル・ウェザリー、ジョン・サヴェージ
(2000~2001・アメリカ・TVシリーズ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)