d)推理・サスペンス

20世紀少年 第2章 最後の希望

――豪華キャスト、バーチャルワールドの深まる謎、テンポよく進むストーリー。のはずが裏目に出て、登場人物が多すぎ、バーチャルの意味不明、詰め込み過ぎで感情移入できないまま終わるモヤモヤ感。オッチョは少し出過ぎ、ここはカンナが主役だよ。(ネタバレ警告)

漫画の「20世紀少年」は読んでいなかったが、映画の第1章を先に見て、これはやはり原作も見ない訳にいかないと思った。
そこに描かれている1970年代の雰囲気やディテールは、浦沢氏と同世代だから面白いほどよくわかる。原っぱの秘密基地、アポロ11号の月面着陸、そして進歩と調和の大阪万博。懐かしいキーワードのオンパレード。ドンキーに追いかけられるシーンで出てくる町中の板塀や、ちらっと見えた?アース製薬のホーロー看板。世界の地名づくしのスナックやハレンチな映画ポスター、当たりの出ない駄菓子屋、学校の理科室などなど。その後の超能力ブームも懐かしいが、世紀末にあちこちで起きたカルト事件はまだ記憶に新しい。リアルというか、嫌な生々しさを感じてしまう。これが漫画をずっと敬遠していた理由である。(注1)

第1章でロッカー人生に挫折して平凡な毎日を繰り返すケンヂが事件に巻き込まれ、追い詰められて、ついに戦いを決意するくだり。押入れのギターを引っ張り出し、がむしゃらにかき鳴らす。今一つ迫力に欠けたかな。でもケンヂの呼びかけに応じて、下水溝の第2の秘密基地に一人また一人と集まるところはいい。最後にユキジが「七人よ!」黒澤だね。続きを期待できた。(注2)

第2章はケンヂ無きあと、原っぱの仲間たちそれぞれが、ケンヂの意志を継いでレジスタンス活動を展開する。しかし圧倒的な支配力を持つ「ともだち」のために歴史は捏造され、勇士はみんなテロリストの汚名を着せられて、あまりにも無力だった。オッチョしかり、ヨシツネも。マルオの決死のシーンも見せて欲しかった。

高校生になったカンナも、歴史の授業中にケンヂおじちゃんの汚名を晴らそうと抵抗するがどうする事もできず、ただただ涙を流す。そういう彼女がおじちゃんの言葉を思い出し、勇気を出して戦いを決意する場面があったかどうか、印象にない。彼女はスプーン曲げや(映画では無かった)カジノで見せた特殊能力だけではなく、もっと神がかりな、人を圧倒し、何かを期待させるカリスマ的な力を持っていた(注3)。カンナが本気になると大きな瞳がさらにカッと見開く。マフィアの親分二人を和解させてラーメンを食べさせるだけではなく、あのカジノの緊迫した場面でカッと見開く瞳をぜひ映像化して欲しかった。ここまで書けば漫画をみたくなるであろう(^^♪

だから教会の場面も原作通りに、ローマ法王殺害を絶対に阻止して見せる!というカンナの強い意志を打ち出すべきだったのだ。彼女が救世主としてきっと事態を打破してくれる!そう信じられるように。そうすれば「しんよげんの書」の言葉に俄然説得力が出てくる。そしてホクロの警官登場で絶体絶命のピンチ。緊張の極致。そこにオッチョ乱入!「カンナは俺達の最後の希望だ!」
ここを前半の山場にすべきだった! この画像がネットに山ほどあふれているのを見るとつくづく惜しいと思う。オッチョは少し出過ぎ。脱走して万博会場を見て唖然とするあたりで止めておき、あとでいきなり乱入シーンの方が盛り上がる。

続きを読む "20世紀少年 第2章 最後の希望"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天国と地獄(リメイク版・含比較)

――時代を経ても色褪せない黒澤オリジナル版の凄さを改めて感じる。忠実で丁寧に作り上げたリメイク版は善戦したが、犯人や警部たちの人物像にもっと現代的解釈があってもよかった気がする。

一介の黒澤ファンにとって、リメイクなんて見たくないのが本音。
せっかくの思い入れが壊されてしまう気がするし、両者を比べてやっぱりオリジナルの方がよかったと思うくらいなら、見ないほうがましだと。
しかしリメイクを見て壊されてしまう思い入れなんて、しょせんそんな程度のもの。比べて見るなというのは無理だが、なるほどそう来たか!という比較は結構楽しい。オリジナル版で見落としていた発見があったりもする。

佐藤浩市の権藤金吾は実によかった。設定やセリフはほぼオリジナル通り。三船の荒々しい権藤さんに比べると、佐藤のそれは少しナイーブかもしれない。しかし張り詰めた緊張感の中で、会社を選ぶか人命を選ぶか苦悩する姿を迫真の演技で見せてくれた。

一介の靴職人からのたたき上げ(死語?)で、役員の地位まで登り詰めた苦労人。理想の靴を作りたいという職人気質は、他の役員には疎ましい。頑固さも親父さん(社長)以上。海千山千の古だぬき役員に対して先手を仕掛ける知恵と度胸。その度胸とは裏腹に苦労人だからこそお金の尊さを体で知っている訳だし、奥さんのまたやり直せばいいという説得に反発もする。だからこそ降って湧いたこの事件に自分の全てを問われて苦しめられる。

テレビ朝日のHPでは44歳(10歳の子供がいるのだから30過ぎで結婚した勘定)の設定だが、10歳くらい上のほうがよかった。その方が一人で苦労して来た時間がその分長く、奥さんとの心理的な距離も納得する。47歳佐藤浩市なら十分できたはず(三船が当時43歳で演じていたとは大発見)。

部下川西が裏切ったのは、今まで強くて非情な?権藤が始めて見せた戸惑いに、自分の生涯を賭ける自信を無くしたからだろう。彼の非情さは権藤譲りかもしれない。そうだと佐藤では説得力に欠けるが、三船だと妙に納得する。
運転手青木がペコペコするのを、三船は毛嫌いするが、佐藤はああいうのに弱いと言う。権藤も下積み時代きっと嫌々ながらもペコペコしていたのだろう。三船はそんな自分を見ているようで嫌いなのだろうが、佐藤は同情的に見ている。こうした二人の微妙な違いが最後にどう反映されるのか、楽しみになってきた。

権藤が苦悩の末、身代金を出す事を決めて、銀行に電話をする場面。
古い道具箱を開け、鞄に仕掛けをしながら「最初から出直しだ」と言う場面。
列車の中で身代金を渡す際に戸倉に、子供を良く見てください、と言われ、「大丈夫だ!俺の命と引き換えるんだ!間違えるもんか!」と答える場面。
ああいうのに弱い。ナイーブな私はつい涙目になってしまった。
子供と抱き合う権藤を見て、戸倉が同情と尊敬の念をもって言う。
「あの人のためにも、みんなそれこそ犬になって犯人を追うんだ!」
第2部の始まり、主人公の交代である。

続きを読む "天国と地獄(リメイク版・含比較)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

変身

――人には誰しも心を奪われる美しい瞬間もあれば、果てしなく絶望的な時間もある。しかし自分が自分である事にもっと感謝しなければ・・・

純一は絵を描くのが好きな一人の平凡な工員。毎週通う画材屋の店員恵にいつしか恋心を抱き始める。そんなある日思い切って恵を誘って美しい湖に出かけ、そこをバックに彼女の絵を描き始めるのだが・・・

東野圭吾同名原作のこのタイトルがなければ、間違いなく恋愛映画と思って見続けることだろう。もうとっくに忘れてしまったあの感覚を主人公に重ね合わせるのは少々辛いが、美しい大自然を背にした二人の語らいに思わず引き込まれてしまう。

画面は急転。深い眠りから目を覚ました純一は、白い壁に囲まれた無機質な部屋のベッドの上に横たわる自分を知る。この見事なコントラスト!一人の年老いた医師がやって来て、君は九死に一生を得たのだと語る。しかしいったい何が起きたのか純一は全く覚えておらず、教えてもくれなかった。

続きを読む "変身"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デスノート(前編)

――「人間って面白!」とさえ死神に言わせる「正義」VS「正義」の壮絶な戦い! でも「正義」って何か?  なんで名前と顔なのか?

退屈(で死にそうな?)な死神が人間界に落としたデスノート。
偶然拾った成績優秀な高校生夜神月(やがみライト)。彼は犯罪者のいない理想的な社会を作るために、彼らを次々と殺していく。やがて世界は騒ぎ出し、謎の殺人者は影の救世主キラとして一部の人間から信仰される。一方世界の警察組織の影の存在、名探偵L(エル)が宣戦布告を。天才VS天才、影VS影の神がかりな頭脳戦が始まった。

新聞の映画欄を見るまで、こんなすごいコミックがあったなんて知らなんだ! 試しに1巻手にした途端、あっと言う間の11巻。最終12巻が待ち遠しい。映画化は無理かなと思ったが、あの平成ガメラシリーズの金子修二監督ならばと思い、久々に映画館へ。
冷静沈着な藤原竜也のライトもよかったが、不思議な松山ケンイチのL、颯爽とした鹿賀丈史の夜神本部長、品性あふれるおひょいさん藤村俊二のワタリ、そしてキモかわいい?リューク。みんな原作からすっーと抜け出したようで、ビミョーにいい感じ。うまいキャスティング。

映画のオリジナルで面白かったのが、法学生であるライトが人間が作った法では犯罪を止められないと悟り、「六法全書」を投げ捨ててデスノートを拾う、ベタでわかりやすいシーン。授業で使う「六法全書」はハンディ版だろうけれど、正式版は分厚くて投げ捨てられないだろうね。人間社会の秩序の集大成である「六法全書」は結構重いのだ。

後半活躍するのがFBI捜査官レイ(仮面ライダーに変身できず無念の細川茂樹)の恋人ナオミ(瀬戸朝香)である。元Lの部下でもあった彼女が、推論を重ねたあげく命懸けでキラに近づいていく。ここがこの『前編』のクライマックス。未見の方のために書かないが、2つだけ。絶体絶命のキラが、ペンを取り出そうとするが、あれはおかしい! というのは、もしキラが******ならば、******なはずがないから。また****まで殺すのはキラの「正義」の信念と矛盾している気もする。

でもまだまだ『前編』は小手調べ。キラとLとの本当の戦いは10月公開の『後編』から。お楽しみはこれからだ。

続きを読む "デスノート(前編) "

| | コメント (0) | トラックバック (3)

事件

――シンプルな題名に隠された「事件」のドロドロとした人間模様と裁判制度への鋭い視点。

 東京近郊の静かな町の山林で、女性の刺殺死体が発見される。スナック経営のハツ子(24)(松坂慶子)だった。幼なじみの工員上田宏(19)(永島敏行)が逮捕されるが、彼はハツ子の妹ヨシ子(19)(大竹しのぶ)と同棲しており、ヨシ子は妊娠していた。宏は殺人を認めているものの、記憶もあいまいだった。公判が進むに連れて、ハツ子のヒモ、宮内(渡瀬恒彦)が登場、被害者の過去がしだいに明るみに・・・。
検事官(芦田伸介)と弁護人(丹波哲郎)の火花飛び散る法廷合戦、そして中央にドンとすわる重厚な裁判長(佐分利信) 。これだけのキャスティングで面白くないはずはない!
でもそれだけではない・・・
 

続きを読む "事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイコ(1960・1998)

――オリジナルは白黒で露出が少なく、リメイクはカラーで露出は少しだけ増やす。でもこれはカメラの話ではない。映画の話だ。

[ネタばれ注意!]
サスペンス映画の話。
正しい見方は、何の予備知識も持たず、映画館に一人で見に行くことです。
この『サイコ』は特にそう。もしまだ見ていなかったら、ここから先は読まないで、せめてレンタルで借りてきて、部屋を暗くして一人で鑑賞することをお勧めします。
家の人から変な目で見られること、間違いない!
では、お話させていただきます。

『サイコ』は、ヒッチコックのオリジナル以外にも続編が4まで作られ、今日の様々な異常犯罪映画の源流と言っても過言ではないだろう。しかしこの98年版リメイクは、冒頭で述べたようにカラーで、露出が少しだけ多い以外は、ほとんどオリジナル通り。まるで絵画の模写を見ているようだ。文字通り、リメイク―作り直しをした訳だが、オリジナルのシーンや解釈を何も加えず、何も引かず、まるでウィスキーの山崎みたいな作品だった。『ダイヤルM』『裏窓』等のヒッチコック・リメイクが、現代的なアレンジをして多少なりとも自己主張しているのとは好対象。

聞くところによれば監督は、現代の若い世代に名作『サイコ』をカラーで再現して見せたかったらしいが、その思惑通りにいったのだろうか? 初めて見た人には、それなりにインパクトがあっただろう。でも、オチそのものは、拍子抜けしたというか、あまり新鮮味を感じなかったのでは?

『サイコ』は殺戮シーンの露出が少ない。振り上げるナイフは映されるが、相手を撮らない。かん高い効果音と共にサクサクと刺さる音だけが耳につく。まるで観客である自分に向かって来る錯覚を覚える。血だらけの体も撮らない。流れていく血だけが見える。それすらもオリジナルは白黒で、生々しくない。ヒッチコックはこの生々しさを嫌って、あえて白黒映画にしたらしい。こうした演出がかえって想像力を膨らまし、逆に恐怖心をあおった。冒頭で述べた「部屋を暗くして一人で鑑賞する」効果をオリジナルは十分計算している。

最初、持ち逃げのOLが主人公かと思ったのに見事に裏切られる。探偵の登場で彼に期待を寄せるがこれも裏切られる。ノーマンでもなく、真の主人公は意外なところに隠れていた。映画を見るときは、無意識に主人公に感情移入して見ているはずだが、この映画はそれを許してくれない。第3者として見ようにも、その自分にナイフが向かって来る。これでは落ち着いて見ていられない。これも計算か?

リメイクも基本的にはオリジナルの良さを踏襲している。カラーになり、シャワー・シーンでの露出度も多少多かったが、ほんのサービス程度。基本線は守っている。それでも私は、どうしてもオリジナルに軍配を上げてしまう。同じストーリー、同じ音楽、同じテーマで作っても、どうしてこうも感じ方が違うのか?
ノーマン・ベイツはアンソニー・パーキンスが演じないと許せないという方もいるだろう。でもリメイクの役者もそんなに悪くは無い。まずまずの出来だと思う。

オリジナルの1960年公開当時は、生々しい表現はタブーだったのだろう。それが想像力を刺激し、効果を上げた。でも最近では毎日どこかのチャンネルでサスペンスドラマがあり、体にナイフが刺さるシーンが露骨に表現され、血まみれの死体が大写しになる。殺人の直接表現の方が『サイコ』の間接表現より安心して見ていられる。これって何かが変じゃないのか?

オリジナルは白黒映画だったために、映画の中に浸れる。部屋を暗くして一人で怖がって見ても所詮は映画の世界。明かりをつければ平和な日常に戻れる感じがする。リメイクはカラーであるためにテレビ感覚で見ており、その延長のニュース番組や日常のもっと異常な事件とついつい比べてしまうのだ。

60年当時は、きっと今ほど異常心理に関する事件は少なかったと思われる。ラストの心理学者のくどい解説は、今ならみんな常識的にわかる。あれから40年、異常心理はスクリーンを飛び出して、茶の間のニュース番組を賑わしている。言うなれば現代は、日常がすでにサイコ状態なのだ。今さら映画で見せても何の刺激にもならない。だからリメイクはつまらないのだ。

定点観測という言葉がある。町の様子を写真で取る。数十年後、また同じ場所、同じ角度で写真で取る。そうすることで町の変化がわかる訳だ。この2つの『サイコ』はまさに定点観測の映画。変わったのは『サイコ』(カメラ)ではなく、映っている我々(町の様子)の方なんだ。リメイクはつまらなかったが、定点観測という意味では成功した企画だったのかもしれない。
でもこれはカメラの話ではない。映画の話だ。

(1960アメリカ)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:アンソニー・パーキンス, ジャネット・リー 

(1998アメリカ)
監督:ガス・ヴァン・サント 《誘う女》
出演:ヴィンス・ヴォーン,アン・ヘッシュ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

メメント

――リセットしたい人生もある、リセットされてしまう人生もある。

題名は、記念品とか、かたみとかいう意味。
妻を殺され、自分も記憶障害にかかったレナードは、その障害と戦いながらも犯人を追跡するサスペンス物。

彼の記憶の断片をそのまま再現したように、時間軸を全く無視してブツ切れのエピソードが前に行ったり後ろに戻ったりして何回も出てくる。せっかく思い出しても、翌朝起きるとまた最初から記憶をたどるシーンから繰り返される。見る方はトランプの神経衰弱をやらされているように、自分でストーリーをつなげて行かなければならない。

その記憶障害は、発病以後の記憶は10分くらいしか持てず、今話をしている人さえもすぐ忘れてしまうという重度の症状。とにかく覚えておきたいことは必死になってポラロイド写真を撮るか、メモを取るかしないと全てを忘れてしまう。
こういう障害があることは科学番組で知っていたが、こんなにも辛いこととは思わなかった。毎日が不満だらけでも、明日に希望を持つことで人間は生きていける。朝起きてまた昨日の続きかぁと思ったとしても、それはどんなにすばらしいことか!朝起きても、昨日が何も思い出せない、メモや写真を見てそうだったのかと信じるしかない人生なんて・・

レナードに残された希望とは、ただ一つ、犯人に復讐することだけだった。「復讐してもどうせ忘れてしまう。何の意味がある?」と聞かれてレナードは、「俺が忘れたって正義が無くなるわけではない。」と言い切る。犯人についての手がかりを「記憶を無くさないよう」に自分の身体にタトゥを刻み込んでいく姿は正に鬼気迫るものがある。サスペンスは当然ながら犯人探しが重要だ。でもこの物語は犯人がわかっても空しい、何の解決にもならない。

記憶がいかに大切か、その記憶がいかにうそをつくかを思い知らされる。人間は都合の悪いことは覚えていないものだとも言っていた。話の展開の意外性ばかりに目がいくが、時々垣間見る人間のずるさ、せこさなども見ていくと、作品のもっと違う面が見えてくるかも。

最近、電影道士も記憶が飛ぶようで、先週見たビデオのラストシーンが思い出せなかったりするので、本当はもっといろいろ忘れているのかもしれない。このブログも言うなれば自分が何を見て、何を伝えたいかを胸のタトゥに刻みつけているようなもの。
(あなたのハートには、何を刻みましたか? 木村奈○子)

[蛇足]
お酒の量が過ぎて、2次会のカラオケの記憶がすっかり飛んでしまったことがある。1曲も歌えなかったと残念がっていると、一人でマイク離さなかったぞって、言われてしまった。
失われた記憶って本当に怖い・・・

主人公の名前が、レナードだって? あの「レナードの朝」と関係あるのかな?

監督:クリストファー・ノーラン 「インソムニア」
出演:ガイ・ピアース      「L.A.コンフィデンシャル」 「タイムマシン」
キャリー=アン・モス
ジョー・パントリアーノ
(2000・アメリカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)